【初心者にオススメ】不動産投資を始める前に読むべき本

更新日:

不動産投資を始める前に、まずやるべき事は勉強です。

最近は不動産投資に関する本も色々あって

  • 地方RCで融資を長く引っ張る王道
  • ボロ物件を再生、高利回り投資
  • 集合住宅ではなく戸建賃貸

など、スタイルによっても様々です。

逆に種類があり過ぎて、何を読めば良いかわからないのではないでしょうか?

僕も不動産に関する本はたくさん読んで来ましたが、本当の意味でオススメできるのは数冊です。

もちろん、どんな本も著者の経験や考え方が書いてあって、読み物としては面白いですけどね。

今回は、不動産投資を始める前の人に向けて、読むべきオススメ本をまとめました
スポンサーリンク

 

【不動産投資を始める前に】まずはキャッシュフローを考えている本がオススメ

不動産投資の初期において、最も重視するべきなのはキャッシュフローです。

つまり手残り収入がある状態を作り出す事です

赤字にならない、ポケットマネーからの持ち出しが無い状態がなぜ重要なのか?

理由は大きく分けて

  1. 精神的な負担が少ない
  2. 徐々に手元にお金が貯まっていく

の2つです。

まず、持ち出しのお金があると精神的に嫌になってしまいます

不動産投資を始めなければ、その持ち出しのお金は手元にあったはずですから。

そして、不動産投資をする事で家賃収入があって「銀行の借金を返済しながらもお金が手元に貯まっていく」事が重要です。

そうして貯まったお金で

  1. 物件を修繕
  2. より魅力的な物件に変化
  3. 満室、賃料アップへ

という流れで、余計にお金が貯まる速度が速くなります。

この体験をまず手に入れるべきです。

そのために読むべき本は1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべてです。

主に地方RCで融資を長く引いて、キャッシュフローを残す手法が書かれています

具体的にどういう計算をして、キャッシュフローがどれくらいあれば物件として「合格」なのかも書いてあります。

まずはこの本から読むべきでしょう。


1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて

 

【不動産投資を始める前に】実際に「どういう不動産を買ったのか」わかる本がオススメ

キャシュフローが出て積算価格以下の物件を買えば良い、という事が理解できたなら、次にやるべきは物件探しです。

いざ物件探しを始めると、気になるのは

他のみんなはどんな物件を買っているんだろう?

という事ではないでしょうか。

特に、本を書くに至るまで成功しているような不動産投資家が、最初にどんな物件を選んだのか非常に気になりますよね

そこで不動産投資を始める前の初心者にオススメしたいのが

  1. 高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!
  2. お宝不動産セミナーブック 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営

の2つです。

高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

  • どれくらいのペースで
  • どういう物件を
  • どれくらいの価格で買って
  • いつ売ったか、もしくは今も持っているか

という流れが、時系列で書いてあって参考になります。

自分が最初の物件を買うなら、どういう物件にするのか?

という事を、イメージする事ができますよ。


高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

またお宝不動産セミナーブック 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営は有名な本ですが、やはり名著です。

著者は最初の物件で「滞納者だらけの物件」を買って、非常に苦労されています(笑)

あまりにも悪質なため、内容証明郵便や明け渡し訴状を郵送したり…

どんな人でも、最初の物件は苦労するんですね。

3件目からは、積算価格を意識して積算価格以下の物件を必ず購入したりと、大家さんとしての知識も増え成長する事で、購入する物件の質が上がっていくのがわかります。


お宝不動産セミナーブック 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営

物件探しに使えるサイトについては、不動産投資の物件選びで使えるサイト12選にありますのでどうぞ。

スポンサーリンク

 

【不動産投資を始める前に】築古戸建などリフォームありきの不動産は最後

概ねここまでの3冊でカバーできますが、少しイレギュラーな存在として空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法もオススメします。

基本的に不動産投資は、勝率の高い物件を見極めて、銀行からお金を借りてそこに突っ込む事で利益を上げます。

銀行融資ありきです

しかしながら中には

  • 借金をしたくない
  • 借金ができない(色々な理由で)

という方もいると思います。

そういう人には、残る選択肢として「築古の戸建賃貸」という選択があります。

必要なコストは数百万円で、頑張って自己資金を貯めれば銀行融資無しでも可能です

リフォームを自前でやれば、よりコストを抑えて始める事はできます。

築古の戸建賃貸を始めるならば、空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法がオススメです。

ただし、この本を読むと戸建投資をしたくなってしまうので、注意してください(笑)

やはり最初は、リフォームをある程度業者に任せて

  • クッションフロアを自分で貼る
  • キッチンや風呂場のリメイクシートを自分で貼る

くらいのリフォームで済む物件が良いと思います。

徐々にリフォームの知識も蓄積していけば、戸建でセルフリフォームに近い形でやっても良いかもしれませんね


空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法

 

【不動産投資を始める前に】不動産投資という行為を網羅する

実際に不動産投資を始めて、名著だなと思うのが

の2冊です。共に同じ著者が書いていますが、内容と深さ、網羅するベクトルが異なるので2冊読むべきです。

不動産投資の正体 改訂版は、特に買う前に読むべきです。

キャッシュフロー、積算、エリア、融資、全ての一連の流れが詳細に、数字を使って解説されています。

投資スタイル別での解説もあり、中古区分や区分店舗の解説もあるため、視野が広がります。

この本を理解できれば、不動産投資は理解したと言っても良いでしょう。

弱点としては、やや難解で前提知識が必要な事。

上記4冊を読んだ上で挑みましょう


不動産投資の正体 改訂版

次にオススメなのが、誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 詳細解説版です。

これは購入後の出口を考えた、より詳細に不動産投資を解体した本です。

買う前から出口考えるのかよ!

と思うかもしれませんが、確かに考えておいた方が良い、要素です。

不動産投資を始めた人にとっても、勉強になる事が多くあると思います。


誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 詳細解説版

 

スポンサーリンク

-不動産投資

Copyright© お金の外来 , 2020 All Rights Reserved.