不動産投資のキホン?ステンレスのサビ取りをやってみた

投稿日:

不動産投資で

築古の物件を購入したは良いが、何から手をつけて良いかわからない

という方は結構多いのではないでしょうか。

もちろん、個人のDIYレベルにもよりますし、一概には言えないのですが、僕としてはまず「ステンレスのサビ取り」をやってみる事をオススメします。

スポンサーリンク

 

ステンレスのサビ取りをして物件価値UP!

不動産投資をいざ開始、しかし購入した物件が

  • 1回も修繕していない築15年くらいまでの物件
  • 1回修繕しただけの築25年くらいの物件

とかだと、やはり外壁のチョーキングや、ステンレス部分のサビが目立ちます。

こんな感じです。

サビにくいステンレスでも、時間経過とともに少しずつサビてしまいます。古い感じが、滲み出てしまいますよね。

これを、自前でササッとサビ取り。こうなります。

いかがでしょうか?

ピカピカで古い感じが一蹴されますよね。流石に新品とまではいきませんが、かなり印象は違うはずです。

不動産投資において、やはり物件の持つイメージや清潔感は大事だと思います。これらを保つという意味で、ステンレスのサビ取りは有効です。

 

ステンレスのサビ取りに必要な道具

ステンレスのサビ取りに必要な道具は、主に以下の2つです。


ビアンコジャパン ステンクリーナー SS-101 300cc


3M スポンジ研磨材 5085 114X140mm #1200-1500相当 10枚入り

この2つで、サビをとって擦り取ります。

加えて僕は、シリコーンスプレーでコーティングもしました。


KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) [ For Mechanical Maintenance ] 潤滑・離系剤 [ 工具箱の必需品 ] [ KURE ] [ 品番 ] 1046

あとは雑巾、手袋があればできます。


レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入


やわらか手袋 ビニール素材 Mサイズ 100枚入

 

ステンレスのサビ取り、具体的な手順

簡単です。

  1. 汚れ落とし
  2. ステンクリーナーを吹きかけ、マイクロファインで擦り取る
  3. 水拭き
  4. コーティングスプレーを吹きかける
  5. 乾拭き

以上、5ステップです。

まずは軽く表面を水拭きして汚れを落とします。

次に、ステンクリーナーをサビに吹きかけて、マイクロファインでステンレスのサビを擦り取ります。

サビが取れたら、もう1度水拭きして汚れを落とします。

乾燥したら、ステンレス部分をシリコーンスプレーでコーティング。

乾いた雑巾で乾拭きして、完成です。

 

ステンレスのサビ取り、注意点

ステンレスのサビ取りでの注意点は、それほどありませんが、唯一あるとすればステンクリーナーのニオイでしょうか。

乳酸やクエン酸を含んだ成分ですので、酸っぱいニオイがします

あまり良いニオイでは決してないので、必ず水拭きして良く拭き取る事をお忘れなく。

またシリコーンコーティングは撥水性が高く光沢も出ますが、細かい粒子(砂埃など)はつきやすくなります。

砂風が舞やすい地域の物件には適さないと思いますので、あしからず。

 

ステンレスのサビ取りは誰でもできます

1K×4戸、1棟アパートのステンレスのサビ取りを1人で素人がやって、2時間くらいです。

  • 郵便受け
  • 階段の手すり
  • 各部屋のドア周り

を全て、サビ取りしてコーティングして、これくらいの時間でした。

経済的コストとしても数千円(割ると1棟あたり1000円くらいかもしれません)で、大した事ありません。

大きな内装工事と異なり、失敗のしようがない(?)ですし、初心者大家には向いていると思います。

不動産投資のキホンと言えるかもしれません!
スポンサーリンク

-医師と不動産投資

Copyright© お金の外来 , 2019 All Rights Reserved.