衰退産業である不動産業界に参入した理由

更新日:

日本の不動産というと、衰退産業というイメージがあります。

実際、日本の人口は既にピークアウトして減少の一途を辿り、出生数も100万人を切り、政府が予想しているよりも生まれる子供の数は減っています。

人口が減る日本において「日本の不動産」を購入する事が、いかにリスキーな事かは、素人でもわかると思います。

スポンサーリンク

 

不動産=衰退産業?

日本の不動産が衰退産業であるか、という問いに対してはイエスです。

人口が減るからです。

しかしながら、政府の予測資料を見ると人口増加予測の地域もいくつかあります。

主に

  • 首都圏
  • 首都圏の近く(神奈川の川崎、埼玉のさいたま市など)
  • 福岡市

は、2040年時点では人口増加が見込まれる地域です。

同じ東京と言えども、八王子などは20%減少予測です。

またオシャレな街のイメージがある神戸も、20%減少予測です。

日本の不動産は、基本的に衰退産業であるのは間違いありませんが、一部地域ではむしろまだ成長産業だと言えるでしょう。

しかし、僕が所有している物件は地方なので、いわゆる衰退産業の部類に入ります

 

衰退産業である不動産、特定層へのニーズは確かにある

日本の地方での不動産は、間違いなく衰退産業です

しかしながら、まだ掘り起こされていない特定層への確かなニーズというのを、感じる時があります。

それは

  • 独居の高齢者

です。

独居の高齢者は、概ね「孤独死」のリスクが高い、つまり大家からすれば自分の物件が「事故物件」になってしまう可能性が高いため、敬遠されます。

いわゆる「告知事項あり」物件になってしまいます

しかしながら、地方において「独居の高齢者」は需給で言えば(僕のエリアでは)需要の方が高く、掘り起こされていないニーズの代表格です。

パターンとしては

  • 山奥の実家に住む両親
  • 片方が亡くなり、1人暮らしは心配
  • 息子夫婦が街中に持ち家を建てて暮らしている
  • 施設に入れるほど、生活レベルは落ちていない
  • 一緒に暮らすことは、なんとなく抵抗感が強い
  • 近くにアパートを借りて目の届く範囲で生活してほしい
  • 不動産屋に行くも「独居の高齢者」はダメだと言われた
  • 施設には入れないので、山奥で1人暮らしを続けている

という感じです。

スポンサーリンク

 

衰退産業である不動産業界に参入した理由

医師である僕が、衰退産業である不動産業界に参入した理由は、これをチャンスと捉えたからです。

どういう事か。

大家としては「孤独死」がリスクなのであって、孤独死のリスクコントロールができれば、「独居の高齢者」を入居させる事はそれほど怖くありません

年金があって、近くに子供が住んでいるなら、滞納の問題も起こりにくいでしょう。

では、この「孤独死」リスクをどうやってコントロールするか

それは

  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 訪問診療

で定期的に入居者の健康状態をチェックさせる事です。

僕は医師なので、これらの事業を自前でやってしまえば良いわけです。

つまり

独居の高齢者だけど、アパートを借りたい

という声には

弊社の訪問介護、訪問看護サービスを使ってくれれば入居OKです!

と答えます。

  • 自社の訪問サービスの利益UP
  • もちろん賃料ももらえる

というメリットがあります。

新規顧客の呼び水になりますし、もちろん利益も出ます。

また、既にサービスを使ってくれている人が

お宅は大家さんもやってるんだって?できれば息子の家の近くにアパートを借りたいのだけど

と言ってくれた場合には

弊社のサービスを使い続けてくれた場合は、入居できますが、継続が条件です

と答えます。

既存のサービスを使っている人の中から、新たな顧客を見つける事もできます。

  • 家を借りたければウチを使ってね
  • ウチを使っているなら借りる事ができるけどどう

という2方向の集客ができますし、おそらく退去リスクもありません

経営戦略的にも、ドミナント戦略(特定地域に集中的に店舗展開する戦略)で、参入障壁が非常に高いと思われます。

そもそも、不動産そのものが参入障壁です。

衰退産業である不動産業も、掘り起こされていないニーズに応え、他業種とのシナジーによって成長産業へと変える事ができる

僕はこのビジョンを持って、不動産賃貸業を始めました。

もちろん、不動産賃貸業単独でも利益を上げる事ができています。

仮に10年、15年で賃貸業単独での経営が難しくなってきた場合、こういう方法で「他業種とのシナジー経営」ができるのも、不動産の面白いところでもあるのかな、と思っています。

スポンサーリンク

よく読まれる記事

1

僕は記事執筆時現在、20代の若手の勤務医です。 総資産は約4000万円、純資産が約2000万円で、負債が約2000万円です。 実質的には負債をいつにでもゼロにできるので、非常に健全なバランスシートです。 単なるフツーの勤務医で、とりあえず20代のうちにここまで到達する事ができました。 今回は、僕が思 ...

2

僕はクレジットカードというものが大好きで、大学時代からヘビーユーザーです。 なぜならば非常に効率的でお得な決済方法だからです。 決済すれば概ね1〜2%のポイントが勝手につきます。 飲み会などでまとめてクレジット払いにすれば「現金」を集める事ができるので、ATMや銀行に行く手間が省けます。 またクレジ ...

3

医者をやってると、頭が痛いのが「税金」です。 当直、残業、休日回診、身を粉にして働いても結局手元に残るのは60〜70%という先生は多いのではないでしょうか。 はっきり言って、やる気が削がれてしまいますよね。 なるべく支払う税金を減らしたい、と思うのは普通のこと。 では具体的に、普通の医者が普通にでき ...

4

最近、強く思う事があります。 医師のバイト・転職支援会社が多過ぎて、何が何だかわからない、と。 僕も色々なサイトに登録、使いました。 今もチマチマとバイトをし小銭を稼いでいるので、文句は言えません。 しかしながら そういえばこの日空いているから、バイトしようかな と思って探すには、あまりにも多過ぎて ...

5

医師という職業は中々珍しい事に、ほぼ全員確定申告をする必要があります。 なぜならほとんどの勤務医はバイトをし、常勤先以外の病院からバイト代をもらうからです。 確定申告をしなければならない医師は 年間20万以上のバイト代を別の病院からもらっている 年収が2000万を超える のうち、どれか1つ以上満たす ...

-医師の不動産投資実録

Copyright© お金の外来 , 2020 All Rights Reserved.