医師がアンケートで謝礼を貰ったら、確定申告をしなくてはならないか?

更新日:

医師として働いていると、製薬会社や機材メーカーからアンケートやプレゼンを頼まれる事があります。

おおむね

  1. 機械

のどちらかですね。

そしてそのお礼にお金を受け取ります。

 

医師がアンケートで謝礼を貰ったら、確定申告をしなくてはならないか?

僕の場合は本当に数万円しかもらった事が無くて、はっきり言って割りに合いませんでした。経済的には完全にバイトしてた方が全然マシです。

以後は1度もそういった類の事はしていません。

ではもし、アンケートやプレゼンの結果、製薬会社や機材メーカーからお金をもらった場合、それは税制上どういう扱いになるのでしょうか。

確定申告をしなければないのでしょうか?

答えはほぼイエスです。

 

医師がアンケートで謝礼を貰ったら、ほぼ100%確定申告が必要

基本的に確定申告をしなければならない勤務医の条件は

  1. 年収2000万以上
  2. 年間20万以上の本業以外の収入がある

の2つです。

バイトで年間20万以上もらう医師がほとんどでしょうから、まず医師は確定申告をしなければなりません。

スポンサーリンク

 

確定申告を免除される医師はどんな医師?

では確定申告を必ずしもする必要の無い医師は、一体どんな人なのでしょうか。

上記の「確定申告しなければならない医師」の条件から外れる場合は免除れるので、具体的には

年収が2000万以下で、かつバイトをせず常勤先以外からの収入が無い

医師です。

当たり前なのですが、製薬会社やメーカーからもらったお金は「本業以外の収入」になります。ですのでその額が年間20万を越えれば、確定申告が必要になります。

以上から、医師がアンケートやプレゼンで謝礼を貰っても確定申告しなくても良い医師は

  1. 年収2000万以下
  2. バイトをしていない(しても年間合計20万以下)
  3. 謝礼額が年間20万以下
  4. その他確定申告をしなければならない理由に該当しない

条件が全て揃った人のみ、確定申告する必要が無いと言えるでしょう。

 

医師が確定申告をする際の注意点

おわかりだとは思いますが、医師のほぼ100%が確定申告をしなければなりません。

にも関わらず、医師は税制に疎い人が多いので注意が必要です。

医師が確定申告をする際の注意点についてはこちらにまとめましたので、興味のある方はどうぞ。

【忙しい医師のための】確定申告の注意点まとめ

スポンサーリンク

よく読まれる記事

1

僕は記事執筆時現在、20代の若手の勤務医です。 総資産は約4000万円、純資産が約2000万円で、負債が約2000万円です。 実質的には負債をいつにでもゼロにできるので、非常に健全なバランスシートです。 単なるフツーの勤務医で、とりあえず20代のうちにここまで到達する事ができました。 今回は、僕が思 ...

2

僕はクレジットカードというものが大好きで、大学時代からヘビーユーザーです。 なぜならば非常に効率的でお得な決済方法だからです。 決済すれば概ね1〜2%のポイントが勝手につきます。 飲み会などでまとめてクレジット払いにすれば「現金」を集める事ができるので、ATMや銀行に行く手間が省けます。 またクレジ ...

3

医者をやってると、頭が痛いのが「税金」です。 当直、残業、休日回診、身を粉にして働いても結局手元に残るのは60〜70%という先生は多いのではないでしょうか。 はっきり言って、やる気が削がれてしまいますよね。 なるべく支払う税金を減らしたい、と思うのは普通のこと。 では具体的に、普通の医者が普通にでき ...

4

最近、強く思う事があります。 医師のバイト・転職支援会社が多過ぎて、何が何だかわからない、と。 僕も色々なサイトに登録、使いました。 今もチマチマとバイトをし小銭を稼いでいるので、文句は言えません。 しかしながら そういえばこの日空いているから、バイトしようかな と思って探すには、あまりにも多過ぎて ...

5

医師という職業は中々珍しい事に、ほぼ全員確定申告をする必要があります。 なぜならほとんどの勤務医はバイトをし、常勤先以外の病院からバイト代をもらうからです。 確定申告をしなければならない医師は 年間20万以上のバイト代を別の病院からもらっている 年収が2000万を超える のうち、どれか1つ以上満たす ...

-医師と税金

Copyright© お金の外来 , 2020 All Rights Reserved.