医師の太陽光発電投資、その隠れたリスク

投稿日:

2009年から始まった、国策である「太陽光発電」。

東日本大震災により原子力発電が困難になった日本では、代わりになる発電方法が求められています。

そこで

  • 太陽光発電した電気を国が高く買い取る

事で、民間に広く太陽光発電を普及させ始めます。

これがいわゆる太陽光発電投資です。

企業、民家はもちろん、投資目的としての太陽光発電も行われるようになりました。

スポンサーリンク

 

医師の太陽光発電投資、メリット

太陽光発電投資を行う医師も増えているように感じます。

なぜでしょうか?

理由は簡単で

メリットが大きい(ように見える)から

です。

太陽光発電投資は、よく不動産投資と比較されます。

不動産投資と比べると、太陽光発電投資は

  1. 入退居が無い(常にお金が入る)
  2. リフォームの必要がない
  3. 修繕の必要がない

と言われるため、メリットが大きいように見えます。

医師のような忙しい職業の人でも、特別手間がかからずできる。

太陽光発電投資の営業トークでは、かならずそこが押されます。

 

医師は太陽光発電投資をやってはいけない

一見すると太陽光発電投資は、不動産投資に比べてメリットばかりな気がします。

  1. 入退居が無い(常にお金が入る)
  2. リフォームの必要がない
  3. 修繕の必要がない

というメリットも

  1. 天気によって収入は増減する
  2. 定期的なメンテナンスが必要
  3. 台風や土砂災害などで修繕が必要になる

というのが現実。

結局は不確定要素があって、手間もかかる。

不動産投資と大きくは変わりません。

それでも業者に

全くの手放しで、ほったらかしでできます

と言われると、忙しい医師でもできるような気がしてしまいますよね。

医師側も

放置していてもお金がもらえる

と思って、軽い気持ちで太陽光発電投資に手を出してしまうかもしれません。

それはオススメしません。

僕としてはやはり

投資というより事業である

という認識で、ある程度のリスク、不確定要素、手間がかかる事を受け入れて行うべきだと思います。

 

医師の太陽光発電投資、見えないリスク

僕は医師を続けている限り、決して太陽光発電には手を出さないつもりです。

先日、このようなツイートをしました。

医師が太陽光発電投資をする上での、見えないリスクだと言えるでしょう。

医師という職業の給料の源泉は、国の予算です。

僕たち医師の給料は、間接的ですが国が決めています。

太陽光発電投資も、電力の買取価格を国が決めています。

  • 医師の給料
  • 太陽光発電

ともに国のさじ加減1つでどうにでもなってしまう、そんなお金です。

人的資本だけならまだしも、金融資産すら国に完全に左右されてしまうのは、いかがなのでしょうか。

やはり資本主義社会では

市場競争に晒されて勝ち残る物に価値がある

のだと思います。

自然な競争に晒されても、キチンと利益を生むような不動産を持つとか、ビジネスを持つとか。

そういう方が、人生を通じて得る糧として大きいですし、自分の中に蓄積する何かが確実にあると、僕は思います。

スポンサーリンク

-医師と不動産投資

Copyright© お金の外来 , 2019 All Rights Reserved.